【ロスカット】 DMM FX よく使う用語

DMM FX取引でよく聞く用語としロスカットという言葉があります。ロスカットとは、ロス(loss=損失)をカット(cut=切る)するという意味で、証拠金率が一定...

【ロスカット】 DMM FX よく使う用語

DMM FX取引でよく聞く用語としロスカットという言葉があります。
imagesCAIGGK19.jpgロスカットとは、ロス(loss=損失)をカット(cut=切る)するという意味で、証拠金率が一定の水準を下回った場合に、強制的に反対売買を行って決済するということ。

 

 

【市場介入】 DMM FX よく使う用語

DMM FX取引でよく聞く用語とし市場介入があります。
k100916_02-thumb-350xauto-84122.jpg市場介入とは、相場が乱高下した時に、中央銀行が相場の過熱感を鎮めるために、市場の動きと反対の取引をすること。正式には「外国為替平衡操作」の事です。
日本の場合、日本銀行が、銀行の為替担当者や海外の中央銀行と密接な連絡を取り合い、為替相場の動向を把握、分析して財務省はその情報を元に財務大臣が必要と判断した場合に日本銀行に対して相場安定の為の市場介入を行うように指示を出す。
介入金額、対象通貨、介入手法も財務大臣によって決定され、介入に必要な資金は財務省が管轄する「外国為替資金特別会計」から捻出される。
また実際の介入額については月末に財務省から発表される「外国為替平衡操作の実施状況」で知ることが出来る。

【ストップロス】 DMM FX よく使う用語

DMM FX取引でよく聞く用語としストップロスという言葉があります。

ilm2007_02_0145-s.jpgストップロスとは、相場が不利な方向へ進んだ際に、さらなる損失を防ぐ目的で、損失を確定させる行為。いわゆる「損切り」のこと。

 

 

 

 

今日のキーワード

ブックマーク


スポンサードリンク


当サイトのRSS

カテゴリー

PR

DMM証券の魅力

Copyright (C) 2011 All Rights Reserved DMMFX/DMMcom証券はFX/CFD | 為替 | 外為/外国為替取引で負けない最強の証券会社